2011年06月03日

医療保険のタイミングって!?

昨日は医療保険についてみていきました!しかし一体いつから、どんな保障をつければよいか迷いますね!?
今日はそんな大体の目安を紹介いたします!!!


● 医療保険の目安
医療保険を利用するにあたって、年代別に病気のリスクを考えていきたいと思います。
正直若い20代〜30代までの間は病気のリスクはほとんどないと言っても過言ではありません。

20代の死因ナンバー1は「自殺」ですからねぇ。
なんとも悲しい事実です。

しかし強いて言うならば、保険料が25歳女性あたりで少しだけピョコンと上昇します。
これはなぜでしょうか!?





● 20代女性の保険料が上がる訳
答えは「妊娠・出産」というイベントがあるためです。
この時に帝王切開など自然分娩以外の出産を急きょ必要とする妊婦さんもいます。
こういった際には医療保険が支払われます。

リスクがあると思われる年代の保険料は増加するのですね!





● 急激に病気のリスクが上がるのは40代から
40代までの医療保険の負担額は月々数千円というレベルです。
しかし40代を越えると一気に医療保険の負担額が一気に増加します。

40代から増える病気リスクとして脳卒中や心臓病といった「生活習慣病」に関連する病気のリスクが一気に増加するためです。
こういった時期に医療保険に入りたいな〜と思うのですが、そこで病院に掛かっていたり、病気を発症していると加入することができなくなってしまいます。

なので、加入する際は「少し早いかな!?」くらいの時期がオススメです。





● 医療保険に加入する際には
医療保険に加入する際にはどの生命保険会社も「診査」や「告知」を行います。
これは病院で独自の診断書を提出するか、生命保険募集人と対峙して健康状態を記入する、といった手続きです。

ここで正直に告知を行わないと、一生懸命毎月支払いをしていても万が一の際に保険金が支払われないことがあります。

生命保険に加入する際には、「いつ病院にいった」「病気をしたのは何年前」「そのときの正式な病名」を準備しておけば手続きがスムーズに行えます。





● 生命保険は急げ!
保険という商品は早いうちに加入しておくことが得策です。
待っていてよくなる、といった性質の金融商品ではありません。

リスクが高くなる時期ですと保険料が急激に増加、また病気をしてしまっては加入することすら不可能になります。

「私にはリスクなんてまだ先の話」と思っているうちが、実は生命保険に加入する一番いいタイミングの時期なのです。



ミートジョブでビル管理の求人
http://www.kaiketu.net/contents_k/tajusaimu_bengosi/

【関連する記事】
posted by エドモンド at 12:44| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
完全成果報酬型SEO対策サービスのSEOならコチラです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。